スポンサードリンク

成田空港・機内


成田空港のチェックインカウンターを上から見たところです。お茶しながら撮影。

出発時

「成田空港第二ビル」駅で電車を下車して改札を出てすぐにパスポートの提示を求められます。
そこから空港ビルの構内だからでしょうか。
すぐ出せるように準備しておくとスムーズです。

とにかく、飛行機に乗るまで移動距離がかなりあります。
足がよくない人は覚悟が必要です。
私は行きは普段のように自力で歩いたのですが、同行した友達と待ち合わせたり、搭乗までの間にお茶したりと、結果的に休み休みになったので、もちました。
荷物も半分は友達が持ってくれましたしね。


チェックイン後の免税店フロア。写っているエスカレーターを下りて、電車みたいなのに乗って、やっと搭乗口に着きます。


行きの機内食。結構お腹がふくれました。
パッケージや袋を開けなければならなくて(←私、苦手)友人に頼みました。
帰りは一人だったのでチェックイン時にお願いしておき、フライトアテンダントさんに開けていただきました。

到着時

一人で帰りの成田では車椅子をお願いしました。
台北でチェックインする際に一緒に申し出ていればスムーズだったのですが、成田に着いて急にお願いすることになったため、車椅子の到着まで10分ほど待ちました。
押していただける方の都合もつかず、さらに10分ほど待ちました。

足に自信のない障害者の人は、チェックイン時に車椅子を頼まれるといいと思います。(一人旅でも)
空港サイドの人員のこともありますので。
私も次回からそうします。
航空券を旅行会社から買う際に伝えておこうと思います。

当たり前ですが、車椅子に乗せてもらうと楽です。
体力の消耗具合が違います。
出国や入国の手続きは障害者専用のカウンターがあるため、列に並ぶこともありません。
(しかし飛行機に乗るのはいちばん先、下りるのはいちばん後になります)

私の場合、飛行機を出てから、ご厚意で成田エクスプレスのホームまで車椅子をお借りして押していただきました。
通常ここまでしてもらえるのかはわかりません。
どうもありがとうございました。



チャイナエアラインの機内です。

成田から台湾まで行きは3時間半、帰りは2時間半ほどでした。

航空券を探すなら→ 台湾航空券最新カレンダー

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright © 2008 台湾旅行!障害者のほとんど一人旅. All rights reserved (写真・記事の無断転載・引用はご遠慮願います)