« TAIPEI101(1) 前のページ | | 次のページ 淡水(Danshui) »

スポンサードリンク

TAIPEI101(2)


TAIPEI101の2階から1階を眺めたところ。


TAIPEI101は地上101階、地下5階の超高層ビルです。
高さ508mは2004年の完成当時では世界一でした。(現在は違うようです)
地上5階までは商業店舗が入っていて、そこから上は企業のオフィス、いちばん上には展望台、というよくあるパターンです。


店舗フロアの中央部は吹き抜けになっています。

エネルギー補給せよ

実はこのとき体力が非常に消耗しておりました。
やはり雨の中、初めての土地を歩くのは、いくらわかりやすかったとは言えこたえました。
しかも昼食は新竹のスタバで食べたパンとアイスコーヒーでしたし。

「展望台なんて上らずにこのままホテルに帰って友人とおいしい屋台メシを食べたい!」
という心の叫びを「せっかく来たんだから」という理性で抑え、ちょっとだけ腹ごしらえしようと適当な店を探していました。


レストランフロアには日本のお店も。
前を通ったとき日本語で呼び込みされました。
日本人ってわかったの?
ここに入るとガッツリ食ってビールでも飲んでしまいそうなので、今回はパス!

ハーゲンダッツもありましたが、寒くなりそうなので今回はパス!
ファーストフード系もありましたが席がいっぱい。

「英國屋」にしました。
全席オープンで空きがあったので。
日本語ができるウエイターを呼んでもらって注文完了。

さすが観光地です。
日本語がわかる人がいます。
ちなみに私の後から隣に座ったのも日本人夫婦でした。


カフェラテです。黒いのはギターの形をしたチョコレート。


巨大パフェです。私の苦手なピーナッツが山ほど埋まってるのが見えます。

ホントはどちらも、私の意図していたのとは別のものが来ました。
私、普段パフェは食べないもん!!

でもオーダーミスの原因は何となく思い当たり(私のミス)、せっかく日本語がわかる人が相手だったのにこの「ていたらく」を心中嘆きながらも、背に腹は代えられないのでせっせとエネルギー補給したのでした。

蛇足ながら隣の日本人夫婦はスマートにケーキセットを食べていました。

そ、それや!ボクもそれがいいのっ!


ピーナッツを半分食べたところで補給を終えました。

さっ、展望台上って、はよ帰ろっと!
展望台エントランスに移動しました。

展望台へ


列を作って展望台を待つ人々。システムはどこも同じですね。


エレベーターの入口です。とっても高速だそうです。


展望台の入場券売り場です。

チケットを買おうとカウンターに進むと、上の写真中央の女性係員さん(写真ではお客さんに半分隠れていますが)が
「日本人ですか?」
と向こうから尋ねてくれました。

「そうです!」と答えると、上手な日本語で
「雨で景色、ほとんど見えません。上りますか?」
「え~っ!」

冷静に考えるとそうです。
こんなに雨が降ってるのに展望台に上るなんて。
列が短いな、とは思ってたんです。

しばし考えて、「じゃ、やめます」とやめてしまったのでした。

今考えると、せっかく行ったのだから上っておいて全く見えなくても話のタネになってよかったかな、と思いますが。
帰りたかったんです、早く。
今度、快晴のときに来ます!



こういう景色が見えるらしいです。こりゃ感動するわ。
こんなときに来るべきです。


帰りはタクシーで市政府駅まで行くことにしました。
シャトルバスはわかりませんでした。
地下にタクシー乗り場があるらしいのでエレベーターで降りると、なんと、地下2階がフードコートでした。
それならパフェなんて食べずにここで腹ごしらえしたのに!
現地のパンフレットにも書いてありませんでした。残念。


こんなところにもセブンイレブンが。
セブンイレブンの台湾進出度には目を見張ります。


タクシー乗り場があって助かりました。確か地下1階です。


市政府駅からMRTに乗って、無事ホテルにたどり着きました。


※TAIPEI101の展望台にも障害者割引はあるようです。(2~3割引?)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright © 2008 台湾旅行!障害者のほとんど一人旅. All rights reserved (写真・記事の無断転載・引用はご遠慮願います)