« 台北捷運(MRT・地下鉄) 前のページ | | 次のページ 新北投温泉 »

スポンサードリンク

北投(Beitou)


北投にある市場の様子です。活気がありました。

北投市場

北投という町は台北市街地から見て北東にあり、台北駅からMRTの淡水線で20分ほど行ったところです。
駅前から伸びる道(光明路と言います。帰国後調べていて知りました)を真っ直ぐ行くと最初は落ち着いていて「昔からある商店街」といった感じです。(付近の地図
光明路をず~っと直進すると温泉街になりますが、途中右側に市場エリアがあります。

上の写真は北投市場の本通りといったところです。
そこに通じる狭い道にも八百屋さんなどがあって賑わっていました。


この写真も本通り。(←私が勝手に名付けてるだけですので)

友人たちが服を探している間、店の前で町を観察していました。
人通りが多くて活気があります。
下手に動くと迷子になりそう。
人とぶつかって倒れてしまうと大変なので、じっとしてました。

そんな中、バイクもたくさん通るのです。
向こうがうまくよけてくれるので、こちらが下手によけるとかえって危ないらしいです。


なんか、新鮮ないろんなものがありました。


光明路に戻って友人たちはドリンクを。
メニューを見ておいしそうなものを紙に書いて頼んでいました。
この「紙に書いてコミュニケーション」は重要かつ強力です。


台湾のタクシーの色は黄色です。
幹線道路は通行量も多く、バイクの駐車もあったりで歩きやすいとは言えませんでした。
歩道も途中で段差があったりします。

セルフスタイルのお店で昼食


昼食はおかずを自由に取ってその分の料金を払うセルフスタイルの店にしました。
肉から魚・野菜まで豊富でした。

なお、普通の飲食店もたくさんあるのでご心配なく。


私の昼食です。友人におかずを取ってもらいました。
ストローは私の持参分、フォークは機内食で出たのをもらって帰ったものです。
(私はお箸が使えません)
おかずがちょっと多くて残しました。ごめんなさい。

スーパー、スターバックス


温泉の近くになると、スーパー「ウエルカム」があります。
結構大きいお店です。
店の前にはテーブルと椅子がいくつかあり、小道をへだてて新北投公園も。
温泉への行き、温泉からの帰りにちょっと休憩というのもいいです。


ウエルカムの飲み物売り場。
カラフルで独特な容器でしょ。


日本でもお馴染みのビールが並んでいます。
58元ということは200円ちょっとかな?


これはウエルカムの隣にあるスターバックスの店内。
スタバもよく見かけました。またある、あ、またある、みたいに。
店の作りもシステムも日本と同じ。
メニューが全て漢字になっているだけが違いです。
英語表記もあったので助かりました。

日本語ができる女性の店員さんがいて、なんだか初々しくてかわいかったです。

隣にはマクドナルドもありました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright © 2008 台湾旅行!障害者のほとんど一人旅. All rights reserved (写真・記事の無断転載・引用はご遠慮願います)